Profile

1953年アメリカ生まれ

・エール大学卒業後、パリ、ニューヨークで絵画を学ぶ

・70年代~80年代、風景画家として成功を収める

・1982年~チャールズMシュルツ氏との出会い

広告のプロジェクトをきっかけにシュルツ氏と出会う、シュルツ氏の作品を見てラインに共通点を見出したトム氏は2週間という短い期間でシュルツ氏のラインをマスターする。そのことに感動したシュルツ氏はトム・エバハートをその後も広告やキャンペーンなどコミック以外のプロジェクトをトム・エバハートに任せることとなる。

約8年間にわたり500件ものプロジェクトに関わる。

・1988~癌との闘い

トム・エバハートはこの年突然の病に倒れる、病名は肝臓癌と結腸癌で病状はとても深刻な状況で、ここまで続けてきたプロジェクト、画家としての創作活動を休止せざるをえなくなりました。

この時病床にトム・エバハートに与えられたものは、シュルツ氏から贈られたたくさんのピーナッツのスケッチ、そしてこれまで自分が行ってきた活動を振り返る時間でした。

・1989年~ピーナッツペインティングの始まり

奇跡的に癌を克服した彼が取り組んだ事はピーナッツのキャラクターと自分のアートスタイルを融合させ、そのキャラクターたちに命を吹き込むことでした。

シュルツ氏はコミックのコマの中で表現をして、自分は枠にとらわれない自由な表現スタイルを・・・。

アートの中にピーナッツを取り入れた作品をシュルツ氏に見せたところ、シュルツ氏は大変感激し、これをきっかけに世界で唯一ピーナッツのキャラクター描くことができる、「トム・エバハート」が誕生いたしました。

・1989年~ピーナッツペインティングの始まり

奇跡的に癌を克服した彼が取り組んだ事はピーナッツのキャラクターと自分のアートスタイルを融合させ、そのキャラクターたちに命を吹き込むことでした。

シュルツ氏はコミックのコマの中で表現をして、自分は枠にとらわれない自由な表現スタイルを・・・。

アートの中にピーナッツを取り入れた作品をシュルツ氏に見せたところ、シュルツ氏は大変感激し、これをきっかけに世界で唯一ピーナッツのキャラクター描くことができる、「トム・エバハート」が誕生いたしました。

・2003年~タヒチにて新たな色彩の誕生

2000年に親愛なるシュルツ氏との別れを経験し、新たな環境で創作活動を開始する。

現在もなお、新しいものを求め、技法や色使いを変化させながら進化をし続けています。

トム・エバハートは世界中で今最も活躍をしているアーティストです。